【随時更新】人生で心に強く残った本をジャンル別で紹介

スポンサーリンク
心に残った本を紹介する記事のアイキャッチ 本の紹介
スポンサーリンク

はじめまして。こんちゃん(@akiyaasaii202)です。


30歳の私が今までに読んで強く心に残った本をずらっと紹介してみます。随時更新予定なので「どの本を読もうかな?」と悩んだときはぜひ参考にしてくださいーー!


哲学書・ビジネス書・小説/エッセイ・マンガ・アートとジャンル別で紹介するので気になるところから読んでください!


スポンサーリンク

哲学書


修身教授録 / 森信三

「どう生きれば良い人生になるのか」と悩んだ時に読んだ本です。心に響く素晴らしい良書なのは間違いなしです


”国民教育の師父”と謳われた森信三先生が70代で執筆された不朽の名著。生徒を対象に講話(授業)を進めていく形式で、全150講話が収録されています。



これからの「正義」の話をしよう / マイケル・J・サンデル

感覚だけで生きてきたけど、この本を読んでからは論理的な思考で考えるようになりました。今まで広い視野で考えれてなかったんだなぁと思い知らされた本です。


ハーバード大学で長年政治哲学を教え、ハーバード熱血教室で一躍有名になったサンデル氏の代表作です。「正義」とは何か?の答えは書いてないが、功利主義・自由至上主義・美徳と共通善などの視点から「正義」とは何かを考察してる内容です。



魂の錬金術ーエリック・ホッファー全アフォリズム集 / エリック・ホッファー

「心に残る言葉」とは何かと調べていた時に出会い、エリック・ホッファー氏の人生に興味を持ち読んだ本です。


自分を愛するのが下手でつい自分を責めすぎてしまう、やりたいことが見つからない、他人と比較してしまうなど、生きづらいと感じ抜け出したいと思っているそんなあなたに読んでほしい一冊です。


7才で失明、18才で天涯孤独になり、28才で自殺未遂。日雇い労働者として放浪の生活を送り、独学で哲学者を志したエリック・ホッファーの人生に学ぶ一冊。



ビジネス書


人を動かす / デール・カーネギー

人を動かす 新装版 (日本語) 単行本 – 1999/10/31

心からの友達を得るには、良い影響を周りの人に与えるには、人を説得するには等、人間関係・コニュニケーションを円滑にする様々な知識が凝縮された自己啓発本の原点と言える本です。


「社長になりたい」とただ漠然と思っていた18才の時に読んだ本&初めてのビジネス書です。田舎の平凡な学生だった私でも出来るような内容と分かりやすい事例で書かれてます。



チーズはどこへ消えた? / スペンサー・ジョンソン

出版社: 扶桑社; 21刷版 (2000/11/27)

BM、アップル・コンピュータ・メルセデス・ベンツ等、トップ企業が社員教育に採用しているビジネス書です。人生・仕事・恋愛など、目の前の問題から逃げずに向き合って解決したい方に読んでほしい一冊。


とても有名なビジネス書ですが、私はこの本を読んで失恋からものすごい速さで回復しました。嬉しいことに1ヶ月後に新しい彼氏ができました。


チーズ(彼氏)を失ったのなら新しいチーズ(彼氏)を見つけに行けば良い!と前向きになれました



小説・エッセイ


モモ / ミヒャエル・エンデ

出版社: 岩波書店 (2005/6/16)

時間=生きるということ。お金のために効率化や時間の節約をすればするほど、大切なもの(友情・愛など)を顧みず少しずつ心がやせほそっていくんだと思う。


お金や時間に追われ「大切なものを失いがち」な現代人に警鐘を鳴らし「時間」とは何かを問う、エデンの名作。子ども、大人、年代問わずに読む人の心に響くファンタジー小説です。



夜は短し歩けよ乙女 / 森見登美彦

出版社: 角川グループパブリッシング (2008/12/25)

京都旅行にいく際は、ぜひ読んで損はない作品です。清水寺や嵐山などの有名観光地だけじゃない新たな京都の魅力に出会えるはずです!


古風な言葉づかいや小難しい漢字が出てきますが、内容は万人向けです。夢と現実の狭間にいるようなふわふわとした森見ワールドを楽しんでほしいです!夜は短しを読むと、ふくふくとした気持ちになります。


京都を舞台に「オクテ妄想炸裂男子」と「お茶目でかわいい黒髪天然乙女」のポップな恋愛ファンタジーです。



とかげ / 吉本ばなな

出版社: 新潮社; 改版 (1996/5/29)

「新婚さん」「とかげ」「らせん」「キムチの夢」「血と水」「大川端奇譚」の6作品を収録した短編集です。言葉では説明できないような世界が変わる瞬間をやわらかく温かい表現に心惹かれる作品です。


どの短編も好きですが、特に好きなのは「とかげ」「大川端奇譚」です。

暗い街角には人がいない。秋風が一番の主役だ。道を曲がっても曲がっても同じ月光に照らされた淋しい夜だ。透明な空気に中で、時間が変なよどみ方をしている。行き場のない考え事を涼しい風がさらってゆく。

引用元:らせん/吉本ばなな 

↑とても綺麗だなと思った夜道での描写です。



エコラム / リリー・フランキー

出版社: 新潮社 (2014/3/28)

悩んでいたことがバカバカしくなり、読んでいるといつの間にか元気になれます!下ネタは人生論! トイレで読みたい人生のバイブル本です。


”いい女って、どんな女ですか?”

外見・内面・しぐさや気づかい。いろんな側面があり、それをひと言で返すには難解なこの質問。親父はその難問すら、一秒も間を置かず、返す刀でこう言った。「それは、感度のいい女のことですねぇ。こっちのヤリ甲斐が違いますから」

その通り!!いつもインタビューで、それを聞かれるたびボクが中途半端な答えをしてしまうのは、つまり、この答えを超える答えが見当たらないからなのである。

仕事も人生もSEXも、人は皆、やり甲斐さえあればすべて楽しい。

引用元:エコラム / リリー・フランキー「いい女と悪い女」

ほら、納得! 下ネタは人生を語れる!


世の中には面白い人・ユニークな人、そんな人たちに遭遇する星のもとに生まれたしまった人、いろんな人がいるんだなと。いかに自分が平凡だなぁと思っちゃいました。



マンガ


きせかえユカちゃん / 東村アキコ

出版社: 集英社 (2007/10/15)

私が初めて読んだ東村作品で、当時中学生でベタな恋愛モノしか読んでなかった私は「めちゃめちゃ面白い少女漫画がこの世にあるのか!!」と衝撃を受けました。


『主に泣いてます』『海月姫』『東京タラレバ娘』『美食探偵 明智五郎』など東村先生の作品も好きですが、何回も読みたくなるのは『きせかえユカちゃん』です!


東村アキコ先生にとって初の連載作。小学6年生のユカちゃんは、オシャレが大好きな胸がつるぺた美少女。服装によっては女子大生に間違われるルックスをしてますが、中身はやっぱり小学生。ちょっとアホの子…。毎回さまざまなファッションが絡むコメディ漫画です。



ブラック・ジャック / 手塚治虫

出版社: 秋田文庫 

真剣に命と向き合うブラック・ジャックの姿に惚れました!一生に一度は読んでみること強くおすすめします。


漫画の神様、手塚先生の不朽の名作です。お正月はブラック・ジャックを読みながら過ごすのが私の毎年恒例行事。


黒いマントにつぎはぎの顔の天才無免許医師。ブラック・ジャックは法外な料金を代償にさまざまな怪我や難病を神業ともいえるテクニックで治療していく。医療とは?命とは?を考えさせられる医療漫画です。



鋼の錬金術師 / 荒川弘

出版社: スクウェア・エニックス (2010/12/15)

ハガレンを読めば人生豊かになります!!


ここまでハマった少年漫画はない!ってくらいハマった漫画。敵にも味方にもしっかりとした設定があってキャラクターが魅力的なんですよ!兄弟愛・友情・アクション・テンポの良さ・伏線の回収などの全てが傑作!


死んだ母親を生き返らそうと禁忌である人体錬成をしたエドとアル。しかし錬成に失敗し禁忌を冒した代償として兄弟は身体の一部と身体全てを失なってしまう。自分たちの身体を取り戻すために旅をするダークファンタジー漫画です。



鉄コン筋クリート / 松本大洋

著者: 松本大洋 

全三巻を読み終えたあと感動した!人はまっしろだけでもまっくろだけでも生きてけないんだなと感じた漫画です。この漫画に出会えて本当によかった!


ヤクザが支配する街「宝町」。そこを棲みかにするネコと呼ばれている2人の少年シロとクロ。善と悪、生と死、単純と混沌が入り混じる世界で強くたくましく生き抜く姿を描いた漫画。



アート


YUNI YOSHIDA / YUNI YOSHIDA

出版社: GAS AS INTERFACE; 初版 (2014)

キャンペーンビジュアルや、舞台の広告、CDジャケットなど著名アーティストの作品を数多く手掛けるアートディレクターの初作品集。吉田ユニ氏の想像力の素が詰まったメイキング写真や制作過程の秘蔵ファイルの一部を収録されています。


吉田ユニさんの作品はかわいいし、見るとワクワクするし、創作意欲を掻き立てられるしで大好き!何を食べたら素敵な発想が出来るんだろう?謎。



Blue / 中村佑介

出版社: 飛鳥新社; Bilingual版 (2009/8/11)

「ASIAN KUNG-FU GENERATION」のCDジャケットや、『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦、赤川次郎、石田衣良などの小説カバーで知られる人気イラストレーター中村佑介氏の初作品集です。


中村佑介さんのイラストを初めて見たのはアジカンのアルバム「君繋ファイブエム」。もうね、一目惚れでした。構図やカラフルでポップな色使い、彼女たちの繊細で物憂げな表情に心を奪われました!



感銘を受けた本・心にぐっときた!と感じる本に出会ったら、随時更新していきます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました